IPOの確実当選を導くのは運ではない!ちゃんとした仕込みと努力です。知恵袋など当選率を上げるための工夫なども多く掲載されています。当サイトではその中でも特に効果のある当選向上テクニックをご紹介します。

IPO予想初値値は競争倍率や申告価格から予想

IPOの予想初値値というのは専門家であっても簡単に実際の初値に近い数字になることはすくなく、普通の人であればさらに予想初値値の精度を高めるのは難しいものとなっています。
そもそも、IPOに限らずに株価を当てるということ自体が難しいものですから、それに加えて過去のデータが存在しないIPOの予想初値値というのは不確定な要素が多すぎて、あくまでも大体このぐらいの金額ではという予想しかできません。

それでは普通の人では初値をある程度予想するのは不可能なのかというと、そのようなこともなくIPO申込時の競争倍率であったり申告価格によってもある程度の人気を推し量ることができます。
競争倍率が高ければそれだけ人気があるということですから、初値についても高騰が期待することができるということになります。
また、申告価格というのは期待されるIPOであればほぼ上限価格で決まるのに対して、人気のないものであれば逆に申告価格の下限で決まってしまうこともあります。
そのような場合、公募の辞典で人気が少ないと判断することができるので、上場してからもあまり初値が高くはならないのではないかという予想を建てることができます。

しかし、これらのものはあくまでも参考程度であり、確実な利益を期待できるから競争倍率が高いだけで実際の初値は思ったよりも、高くつかないということもあれば、申告価格の下限で決まって人気がないと思われたものも割安性が注目されて初値が高くついているすることもあるため、単純にこれらのものだけで初値を当てるというのは難しいものとなっています。
それでも全く何のデータもない状態よりは、判断の材料となるのでこのような部分も注目して初値予想をしてみると良いでしょう。