IPOの確実当選を導くのは運ではない!ちゃんとした仕込みと努力です。知恵袋など当選率を上げるための工夫なども多く掲載されています。当サイトではその中でも特に効果のある当選向上テクニックをご紹介します。

IPOのダイビングとレポートについて

IPOという言葉を株式市場では使います。このIPOは、新規公開株式を意味します。企業は資金調達を容易にするために、一定規模に企業が成長してくると、株式市場へ上場してくる会社が出てきます。
株式を初めて上場するには、どこかの証券会社に幹事社になってもらいます。上場が決定した場合には、上場日までに引き受け価格を設定し、公募で株主を集めます。ほとんどの投資家は、新規公開株は上場初日に公募価格を上回ることが多いので、利益目的のために人気になりやすいのが現状です。
公募なため、応募者多数の場合には、抽選になるので、応募したからといって必ずしも株主になれるとは限りません。
通常であれば、引き受け証券会社も幹事社が1社のパターンがほとんどで、抽選になるケースがほとんどです。
特に最近では、ベンチャー企業の上場が多く、上場初値も予想以上に高くなるケースが多いので、投資家の間では人気です。
このため、新規公開株ばかりを狙っている投資家も少なくないのです。
過去には、ダイビングとレポートなどが人気を集めたこともありますが、必ずしもすべての新規公開株で利益が出るとは限らないのです。
公募価格が、その企業に見合った価格なのかどうか、その企業の将来性はどうか、など判断基準は様々であるといえます。
通常の投資家は、こうしたIPOではなく、企業業績に見合った配当金額を得たり、又は、株価上昇に伴う譲渡益狙いなど、こういった取引を繰り返すことで、利益追求を行っているのです。
地道な投資よりも、ハイリスクハイリターンのIPO銘柄狙いの投資家もいますが、素人が簡単に手を出す取引ではないといえます。
投資顧問に任せるのも一案であるといえます。