IPOの確実当選を導くのは運ではない!ちゃんとした仕込みと努力です。知恵袋など当選率を上げるための工夫なども多く掲載されています。当サイトではその中でも特に効果のある当選向上テクニックをご紹介します。

資産管理会社の株式の売却によるIPOの抽選日

IPOは株式公開とも呼ばれており、未上場企業の株式を証券市場で誰でも取引可能な状態にすることです。これにより、企業は証券市場から直接金融での資金調達が可能となり、事業資金を確保することが出来るようになります。また、資産管理会社などの既存の株主は、保有している株式を市場に売却することにより投下資本の回収が容易となります。

また、IPOは投資家にとっても非常に魅力的であり、注目を集めています。これは、簡単な作業で儲けることが出来るからです。具体的には、上場する前に株を入手して上場日にそれを売却するというだけです。公開価格よりも初値が上回れば、利益を得られることになります。

このために、かなりの数の申し込みが行われるので、入手するためには抽選に当選しなくてはなりません。信用のある証券会社による公正な抽選ですが、ある程度の運も必要となるということです。抽選日に合否が判明するのですが、当選の発表はメールで送られてくる企業と自分で確認しなくてはならない企業とがあります。見事当選した場合は、かなりの確率で勝算を期待できます。

これは、公開価格は企業の持つ本来の値打ちよりも低めに設定されているケースが多いからです。これは、売りたい人よりも買いたい人の方が圧倒的に多いということが関係しています。そして、初値が高くなるという期待が持てるので、さらに買い注文が入ることになります。

また、話題性のある企業の場合は、さらにこの傾向が強くなります。このために、100株換算で1,000,000円を超える利益を得るケースも珍しくはありません。そして、この様に投資家に利益をもたらすことにより、企業のイメージは良化することになります。